木曜日, 2021年12月23日

賃貸オフィスの特徴は!似ているレンタルオフィスとは何が違う?


自由なレイアウトが可能な賃貸オフィス

会社を起こすのであれば、仕事の場所となるオフィスが必要です。IT化に伴いオフィスの形も大きく変化して起きており、コアワーキングや在宅ワークなど仕事の仕方も変わってきました。その中でも、オフィスの形として人気があるのが初期投資を抑えることができる賃貸オフィスです。では、賃貸オフィスの特徴はどんなところでしょうか。まずよく混同されるレンタルオフィスとの違いを紹介します。

賃貸オフィスとレンタルオフィスの違いは、自由度です。賃貸オフィスは内部のレイアウトや配置を自由に組み替えることができます。席の配置も自由にでき、物件によっては多少の改装まで許可されるケースもあります。一方、レンタルオフィスの場合は、自由に配置を変えることは原則できません。IT関係の配線も変えることができないので、人を増やしたり減らしたりしたときに配置を変えることができず、企業としての色を出しにくい傾向があります。

デメリットにもなる初期投資

賃貸オフィスはメリットばかりではありません。デメリットもあります。その1つが初期投資です。賃貸オフィスは初期投資が低いと言われていますが、レンタルオフィスよりは高くなってしまいます。その理由の1つが契約関係です。例えば、インターネットは現在の会社において必須ですが、賃貸オフィスの場合、この契約からやらなければいけません。一方、レンタルオフィスの場合には、すでに契約されて付属されている事が多いです。同じ理由で駐車場やOA機器なども、賃貸オフィスの場合、自分たちで用意しなければいけないことから高くなる傾向があります。

中央区で賃貸オフィスを管理している業者は、スペースの提供だけでなく、オフィス家具やOA機器の手配まで幅広く対応しているところが多くあります。

Back to Top