木曜日, 2021年12月23日

賃貸住宅は何を見て決めれば正解?収納と間取りをしっかり確認しよう


振り分けの間取りはプライバーシーを尊重しやすい

賃貸住宅を探す際にプライバシーを重視するならば、振り分けタイプを選ぶ方法が正解です。なぜなら、各部屋への入口が独立していて別の部屋へ行く際に他の家族が自分の部屋を横切る必要が無いからです。思春期を迎える子供や自立心が芽生える小学校高学年といった世代を抱える家庭では、子供部屋を用意するために振り分けタイプの間取りが好まれます。同じ面積の間取りであっても、振り分けタイプを選べば個人のプライバシーを尊重しやすくなります。

直間の間取りは目を離せない乳幼児がいる世帯に適す

直間と呼ばれる複数の部屋が続いた間取りは、両親が目を離せない子供がいる世帯に適しています。なぜなら、各部屋を分ける扉や仕切り部分を直間タイプならば自分で開閉管理できるからです。全ての襖や扉を開け放つことで、乳幼児が走り回っていても家事をしながら両親が様子見できます。いざという時の初期対応を早く行えるからこそ、直間の間取りは小さい子供を抱えている世代にとって使いやすいタイプと考えられるわけです。

同じ間取りでも収納量で体感の広さが変わる

賃貸物件の案内図を確認する際には、総床面積と体感の広さには差が出てしまうことが珍しくありません。例えば、40平方メートルよりも45平方メートルの部屋は広いはずですが、収納量が少ない45平方メートルは収納量が多い40平方メートルの部屋よりも狭く感じがちです。なぜなら、家財や荷物が視覚に入る状態で室内にあると、圧迫感から体感の広さが狭く感じられるからです。このため、賃貸物件探しは収納量がどれくらいあれば足りるのかという点を先にチェックすると好みの広さを確保しやすくなります。

札幌東区の賃貸物件は築10年以内のマンションが比較的安い価格帯で提供されており、ファミリーに人気があります。

Back to Top